headband
車買い取り
HOME >> 車買い取りと下取り

車買い取りと下取り

買い取りと下取り、どちらも良く似たような意味合いのように思えますがこの2つには違いがあります。

まず、買い取りについてですが、こちらは単純に車を売るだけという意味合をもっています。

もっと具体的に言いますと、今、自分が所有している車を売って現金化するのが買い取りです。

この時に出される買い取り価格というのは業者のオークションの相場を基準にしています。

その相場にプラスして装備やオプションなどが加味されて買い取り価格を提示します。

この時、大手の買い取り専門店では全国の業者オークションの相場を見て検討しますが、小さなお店に持っていくと限定されたオークションの情報のみで相場を決めます。

買い取り店によって買い取り価格が違うのはこの為です。

下取りは今、自分が所有している車を売り、その金額を元に新しい車を買う事を前提とした売り方です。

この場合、車が現金化される事はなく、新しく購入した車の値引きなどに利用されます。

このやり方は正規ディーラーで車の購入をする際によく利用される方法です。

下取り価格の目安は各店舗があらかじめ決めてある価格が基本となります。

また、社外パーツなどはマイナス要素になりやすいという点が挙げられます。

これは、今後の流通の事を考えた上でのマイナスになるからです。

このように買い取りと下取りは似たような意味のようで全く異なる性質をもっているのです。

自分が望んでいるのは買い取りなのか下取りなのかその点をよく考えてみてください。

pagetop